脱毛方法によって肌へのダメージも種類が変わる

一口に脱毛と言っても様々な方法があり、それぞれ肌に対するダメージの種類が違います。この違いを把握しておかなければ脱毛後の適切なケア方法もわからないのでとても重要なことなのです。例えば毛抜きで直接毛を抜く方法は、毛を抜く際に肌が強く引っ張られて破ける事による裂傷を引き起こし、場合によっては僅かな出血を伴うこともあります。次にカミソリによる剃毛ですが、これは鋭い刃が肌の細胞を傷つける事でおきる目に見えない傷です。この傷からバイキンが入ると腫れる場合もあるので要注意と言えるでしょう。またレーザー脱毛でも痛みはあり、これはレーザーによって熱せられた幹部の軽いやけどによるものです。最後に脱毛クリームですが、これも肌にダメージが入ることもがあります。脱毛クリームではアレルギー反応が起きることがまれにあり、肌が炎症する事があります。

肌に入ってしまったダメージのケア方法

基本的にどの方法でも必要となるのが、患部を冷やすことです。血管を収縮させ出血などを抑える効果があり、炎症も押さえてくれます。裂傷には患部の消毒を行う必要があるでしょう。またカミソリによる肌荒れは化粧水などで十分な保湿を行い、壊れた細胞の再生を促すのが重要です。レーザー脱毛による炎症は、症状が収まるまでしっかり冷やしたのち、しっかりと栄養をとって治癒を早めましょう。除毛クリームによるアレルギー反応に対しては、原則清潔にして治癒を待つ形になりますが、患部が痒くなっても掻かないことが治癒への近道になるため重要です。

医療脱毛は医療機関で行われる脱毛ですが、脱毛力が強いのが特徴です。医師が、脱毛力が強い医療用レーザーを使って短期間で施術を終わらせることができます。