歯髄の不具合を治すのが根管治療

歯内治療とも呼ばれる根管治療は虫歯治療の一種で、歯髄に生じた不具合を解消するのが目的です。歯髄は歯の神経であり、もっとも内側に位置しています。そのため、炎症などの不具合が生じても見た目で判別するのは容易ではありません。歯の亀裂や外傷などで起こることが多く、歯茎の腫れや出血が生じて初めて歯髄の不具合が発覚するケースがほとんどです。根管治療は歯に穴を開け、そこに治療器具を挿入して患部を取り除きます。患部を直接目視できないので非常に難しく、高度な技術力が求められます。

一般的な虫歯治療よりも手間がかかるので注意が必要

根管治療が難しいとされている理由として患部が見えないこと以外に口内の衛生管理の問題が挙げられます。根管治療は幹部がむき出しになるので治療中の細菌感染は絶対に防がなければいけません。しかし、口内は常に無数の雑菌が存在しているため、定期的に無菌化の処理を受ける必要があります。非常に手間がかかるうえに費用も高額化するので注意が必要です。また、根管治療の多くは医療保険が適用されない自由診療であることも費用の高額化に繋がっています。そのため、根管治療を受ける際は予算を考慮したうえで慎重に判断する必要があると言えます。治療回数も多いので時間がかかるのも根管治療のデメリットなので、スケジュール管理に気を配ることを忘れてはいけません。

根管治療は専門医に任せるのが安全

根管治療は虫歯治療の一種ですが、高度な技術力が求められるのですべての歯科医院で実施できるわけではありません。専用の設備が必要になるケースも多いため、安全で効果の高い治療を受けるなら根管治療に特化した専門医を頼るのが賢明と言えるでしょう。

根管治療で治すためには、複数回の治療が必要となります。状態にもよりますが、最低でも2回は通うことになります。