男性ホルモンの過剰分泌が原因

agaの原因は様々ありますが、そのひとつが男性ホルモンの過剰分泌です。男性ホルモンは、女性にも男性にも必要なもので、決して欠かすことができないものです。しかし、何らかの要因によって男性ホルモンが過剰に分泌され、女性ホルモンとのバランスが崩れてしまうと、毛が抜けやすくなり、agaとなってしまいます。男性ホルモンが原因の場合、投薬治療を行います。

遺伝的な要素による原因

agaは遺伝的な要素によっておこることもあります。agaとかかわりのあるホルモンの受容体が、遺伝的に多い場合、agaの発症リスクが人より高いといえるでしょう。遺伝が原因となっているagaは、詳しく解明されていません。根本的な治療は難しいですが、薬物を用いて治療を行うでしょう。

ストレス過多によるaga

ストレスは、agaに限らず薄毛の大きな原因のひとつとして広く知られています。ストレスが溜まると、血管が収縮し、全身の血行が悪くなります。当然頭皮の血行も悪くなり、髪が健全に生え、成長するために必要となる栄養素が行き渡りません。ストレスが原因の場合、頭皮マッサージをするほか、ストレスを発散するためのカウンセリングなどを行います。

食生活や生活習慣が原因

食生活や生活習慣が悪いことによっても、agaは引き起こされます。アルコールの過剰摂取をおこなったり、油分の多い食事を集中的に取っていたり、あるいは喫煙習慣や睡眠不足、運動不足が常習化していると、agaとなっていきます。食生活が乱れ必要な栄養が少ないと、髪が細く弱り、抜けやすくなります。これらが原因の場合、生活習慣を改善することが治療です。

物理的な刺激による原因

髪が引っ張られたり、カラーリングなどの薬剤の刺激を受けたりといった物理的な刺激も薄毛の原因です。この場合、刺激を少なくします。

agaを新宿で治療する際のメリットに、料金がリーズナブルというものがあります。お手軽にできるため、多くの人に人気なのです。