薄毛の部位を見ればagaだと判断できる

男性の薄毛イコールagaと言われるほど、男性にとってポピュラーな薄毛です。成人後の男性によく見られるのが特徴で、生え際や前頭部・つむじなどの目立つ部位から薄くなっていきます。毛周期が乱れてしまい、成長期が極端に短くなって抜け毛が増える仕組みです。毛周期には成長期・退行期・休止期の3サイクルがあり、このなかでサイクルに影響してくるのは成長期です。髪が成長して伸びていくサイクルが短縮することで、長く太く成長せずに抜けてしまいます。抜け毛を見たときに明らかに弱々しい毛が多く混じっていたら、agaを発症していると考えられます。agaは男性ホルモン受容体にDHTが結合することで発生します。遺伝・体質に由来する薄毛のため、放置しておくと次第に薄毛は重症化するでしょう。

DHTのブロックが最大の対策になる

agaの予防・治療では悪玉男性ホルモンのDHTを抑制することがカギになります。DHTを抑えるには医療機関で処方されるaga治療用の内服薬が役立ちます。発毛剤や育毛剤は血管拡張・頭皮の正常化などの作用はありますが、DHTをブロックする作用はありません。過剰にDHTが産生されている状態ですと、生活習慣を完璧に整えても髪は薄くなっていくのが普通です。食生活と運動・睡眠習慣はagaのリスクに直結しますが、これらの生活改善だけでは進行したagaを改善させるのは困難です。ただ初期の状態、または進行が緩やかな状態であれば、生活改善だけで対処できる場合があります。agaはDHTのほかにも、さまざまな危険因子が絡み合って生じるため、これらを極力取り除いていくことが大切です。

agaを千葉で治療する際のコツは、自分の頭皮の状態に適したプランを選ぶことです。最適な治療法を施すことによって、短期間で状態を改善することが期待できます。