遺伝的になってしまうaga

若年性脱毛症であるagaは男性ホルモンの影響が強いため、男性特有の症状です。下半身から生み出されたその男性ホルモンは、頭皮に行くまでにある酵素と結びつき、脱毛を促す別のホルモンへと変化するのが一連の流れです。脱毛の度合いには、元となる男性ホルモンや酵素など色々な要素が関係してきます。そしてそれらは大抵、父方の遺伝子が元になっています。したがって若い内から薄毛の家系であれば、agaになる可能性は非常に高いです。

2種類の対策方法があります

agaの対策として定番なのは、脱毛を促すホルモンを生み出すために必要な、酵素の働きを阻害するものです。すでにその働きが期待できる成分は見つかっていて、皮膚科などで処方してもらうことができます。髪には新しく生えてから成長し、成長が終わった状態をある程度維持した後に抜けるというサイクルがあります。agaではそのサイクルが乱れて、成長しきる前に抜けてしまいます。aga対策の成分は、そのサイクルを正常に近づけるために服用します。

ただ酵素を抑える成分は、あくまでも脱毛を防止するために使用するものです。成長の促進には期待できないので、髪を成長させるための外用薬と組み合わせられることが多いです。身体の内側と外側の両方からアプローチをかけて、効率的な対策が可能です。酵素を抑える薬は内服薬なので、安全のために専門家に処方してもらう必要があります。しかし促進のための外用薬は、ドラッグストアなどでも市販されているため、簡単に手に入ります。

札幌には医療発毛を受けられるaga専門のクリニックがあります。agaを札幌で治したい人は、発毛実績の高いクリニックを活用しましょう。