医療レーザー脱毛とはどのようなものか

最初に紹介するのは、医療レーザー脱毛です。医療と名称がついている通り、医療機関でしか施術は行えません。強力なレーザーを皮膚に照射しますので、毛根を死滅させることで永久脱毛の効果が期待できます。その反面、肌質によっては大きなトラブルを抱える危険性もあるのです。実際、施術後に肌トラブルが起こり施設に常駐しているスタッフに対処してもらった、というケースは少なくありません。永久脱毛ということで施術費用も高額で、中々簡単には利用できないとも言われていますが何度も自己処理をするのが面倒だという人は、思い切って利用してみるのも良いでしょう。

光脱毛とはどのようなものか

光脱毛はニードル脱毛やワックス脱毛に比べて、最も利用者が多いことでも知られています。なぜなら、比較的安価な施術費用で痛みも少なく脱毛が行えるからです。クリニックやサロンは多くあり、それぞれ魅力的な特徴があります。とは言え、使用する機器は異なるものの、皮膚に光を照射することに変わりはありません。医療レーザー脱毛やニードル脱毛に比べて痛みは小さいのですが、どうしても我慢できない痛みが起きてしまったのであれば施術スタッフにお願いをして照射レベルを下げてもらうようにしましょう。光脱毛には、レベルが高ければ高いほど毛根のメラニン色素を焼きやすいという特徴があります。しかし、それだけ肌への負担にもなりますので敏感肌の人はまずは小さなレベルから試してもらうように、カウンセリングの時に相談をすると良いです。

部分的なムダ毛処理は、自宅で十分可能です。一方で下半身から上半身まで一気に無駄な体毛を除去したい場合は、全身脱毛の処理が受けられるエステサロンに行ったほうがいいでしょう。